FC2ブログ

魚眼日記

その女、七転八倒につき

9月20日(木)番屋ちゃん

こんばんは七転八倒です。

番屋の変。






東京は赤坂にある『番屋』という個室居酒屋にて




ゆか夫婦と竹田一家の初顔合わせを行いました。




というのも




赤坂には私が15年バイトしていたカフェがあり




先日そのカフェが閉店するという話をブログのコメントでお知らせいただき
その節はありがとうございました!




かつて私が*家のように過ごしてきた場所がなくなるというのはなんとも感慨深く
タダ飯食いまくって流しで髪洗ったりトイレで髪切ったり開店前にネタの練習したっけな
本部「・・・・・・おい」




なんとか閉店前に一度訪れたいと思っていたことと




かつてゆかも在籍していたことがあるカフェだったこともあって




顔合わせ前に落ち合う場所として赤坂のこのカフェを選んだのでした。




その向かいにあるお店




それが『番屋』だったのです。




そこで我々は楽しくお喋りに興じ美味しい料理をいただき宴もたけなわにお座敷を後にしたわけなのだが





家に帰ってきてさあ大変





忘れ物をしたことに気がついたのです




偽ビビアンウェストウッド の小銭入れ
↑詳細はこちらをクリック




本物のビビアンだったらえらい高価な品物だが




あれは¥100均の材料でこさえたただの小物入れ




取りに行くには価値のないものと言いたいところだが




中に¥3000が入っていたのだ




ああなんという皮肉!





我が家は静岡、番屋は東京





交通費をかけて取りに行くほどではない




しかし中には¥3000!!





くそう!なんだこのやりきれない感じはぁあああああ!!!




私は着払いで送ってもらえないか問い合わせることにした




しかし日曜祝日が定休日なため2日間電話は繋がらず



もう¥3000はドブに捨てるかとあきらめかけた火曜日の昼頃




番屋から電話がかかってきたのだ。



「先日はご予約いただきありがとうございました。それであの、お席にお忘れ物がありまして」



「ははは、はいはいはい!」



「ビビアンウェストウッドの小銭入れとタオルのお忘れ物です」



「間違いありません!」




店員さんが偽ビビアンのことをはっきりとビビアンウェストウッドと言ったことに




得体の知れない勝利感を覚えた私。




取りに行けない事情を説明して着払いで送ってもらえないか頼んだところ




「承りました。遅くとも明日には発送致します!」




迷いのない即答をしてくださったのだ




な、な、な、なんて親切な店だろう!





翌日発送どころか翌日着いた




あの後すぐに発送してくれたということだろう




素晴らしきかな『番屋』






見返りのない親切とサービス





これぞサービス業の真髄なり。





あーもう絶対また行くぅ!




絶対また番屋予約するぅ!




なんなら毎回ゆか夫婦とあそこで飯食うぅ!






この一件で『番屋』の株めちゃめちゃ上がったのだった




しかし




受け取った忘れ物のうちの一つタオルは





全く見覚えのないものだった





やべえ




やっちまった




またね!
  1. 2018/09/20(木) 13:04:35|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月19日(火)友よちゃん

こんばんは七転八倒です。

ゆか。





かつて東京にいた頃、友達と呼べる存在ははただの2人




そのうちの1人がゆか。





私の友達の定義は醜いところと弱さをさらけ出せる相手のことだ




家族に近いかもしれない






高校2年生の春から実に23年の付き合いで





はじめこそ上っ面だけの友達ごっこだった若かりし私達も





大人になるにつれ楽しいことばかりじゃない現実に晒されて




互いに本当に心を通わせるその意味を知る。






私達は少しずつ友達になっていった





近くにいるときも遠く離れてもその存在は大きい





私が結婚して出産したとき





「いつか私も家族をもちたい」





とゆかは言った。





「相手はいないけれど」





自分が生きてきた環境やそれに引きずられる自分の性格を打破するため





「新しい未来をつくる」





結婚願望というより家族願望





「実家にいてもくつろげない」





心から気を許せる自分の居場所をみつけたいから。





彼女が学生時代からどれだけ努力してきたかとか





どれだけハンディがある中でたくましく生きてきたかとか




そんなこと知ってるだけに




どうにかしてその願いを叶えてやりたかった




おこがましいはなし




お節介をたくさん焼いた




だってもうすぐ40歳になってしまうから





子どもが欲しいのだから




急がねば




私は手当たりしだいにお節介を焼いた




けれども一つもゆかにヒットしなかった




少しは妥協しなきゃ!





わかってる妥協なんかできるわけない





私が矛盾する気持ちのやり場をなくしあきらめかけたころ





「あのねつきあうことにしたの」





ゆかはたしかにみつけた





ああ





結局




いやいつだって




ゆかは





自分自身で




探し当てる力を持っていたというのに





私ってば本当に笑えるぜ!





今年の春ゆかは入籍した





そうして先週の土曜日





竹田一家は車に乗り込み




ゆかとゆかの旦那様に会いに行った。




お世辞で「素敵な人だね」という言葉を用意していった私は




初めて目の当たりにするその人に面食らった




神様はゆかに最高の褒美をとらせたな
お前何様だよ



そう思うくらい素敵な男の人だった




あれだな




あんたが幸せになれることをこんなに喜べるなんて




あたしあんたのこと本当に思ってたんだな。





ゆかのお腹には赤ちゃんがいる。





少し大きく膨れたお腹に





つわりで痩せすぎた頬に





涙が出そうだった。





これから幸せなことが山ほどあると思うよ





友よおめでとう





またね!
  1. 2018/09/19(水) 13:31:41|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月14日(金)ママ友なんてちゃん

こんばんは七転八倒です。

ママ友。





「ママ友なんていらない」





いつだったかどこぞのお花見でたまたまご一緒した若いママがこう言っていた





「ママ友って、家に友達呼んで、汚かったりしたら後で影で言われるんでしょ」
じゃあもううちは陰口叩かれまくりだな




どこ情報なのか分からないけれど彼女はママ友という概念に並々ならぬ嫌悪感を抱いていた





「見栄の張り合いでママ友なんて疲れるだけ」





ひょっとしてそんな風に思っている人は少なくないかもしれない





そういえば私もそうだった





「みやこさんが主婦として普通に生活できるとは思えない」
うるせえ余計なお世話だよ!







「みやこさんがママ友とか作るんですか?(笑)」





「無理でしょ」






結婚して静岡に行くことが決まったとき周りの知人のリアクションは散々だった





もちろん知人に悪意があったわけではなく好き勝手な人生を生きてきた私に





まともで誠実な生活に耐えられるかという半分笑える疑問をふと投げかけただけなのだが





かくいう私自身も不安だった





30数年間で友達2人しかいないのにこれから増やせる気がしねぇ!
少な過ぎだろ




しかも畑違いの人とうまくやっていけるだろうか





わしはOLでもないしコンパとかも行ったことないしネイルとかしねえし服は古着屋のボロボロのやつだし髪の毛は¥1980カットだし!






息子が産まれるんだ





ときには自分を殺して誰かに迎合しなければなるまい





私の人生波乱の幕開けだな!





そんなふうに眼前に迫る子育て生活に怯えていたことも確かだ





あれから5年近くたったか。






気がつくと私は今までで一番友達がいる





贅沢かな心から気を許せるひとたちだ





息子を通じて繋がったママたち。





みんな毎日笑いながら泣きながら怒りながらひたすらに子育てと向き合ってる




自分以外の誰かのために命をかけている




ただそれだけ





ただそれだけがどれだけ互いを引き寄せ合うかということ




子育てというモンスターに立ち向かうには一人でははかなすぎる





ママ友という嫌悪感満載の概念 はメディアとか情報化社会が産み出した虚構だと私は思う





「ママ友なんかいらない」




これは





ママ友100人作ってから初めて吐ける言葉じゃないだろうか





生身の人間を信じてこう




またね!

ネタの再生はこちら▶️
  1. 2018/09/14(金) 11:51:03|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月13日(木)おばさんの心境ちゃん

こんばんは七転八倒です。


進化とおばさん。






昨日スティーブ・ジョブズ・シアターで催されたイベントで、 iPhone新作の発表が行われましたね!





何と言っても新作iPhone3モデルが一番の目玉のようですね!




iPhone XSは、 防水性、防塵性 がiPhone Xよりもアップしており、ビールがかかっても大丈夫ですって!




iPhone XS MaxはこれまでのiPhoneで 最も大きなディスプレイ を搭載しとるんですって!




カメラはシングルレンズなのに 背景のボケ具合を変化させる ことができるとか!




iPhone XRはTrueDepthカメラ搭載で、6色展開とか!





グループFaceTime もできるってよ!




心電図(ECG) もとることができるんだってよ!




素晴らしい!




本当に素晴らしい!





iPhoneは日々目覚しい進化を遂げている!





ただ実のところおばさんは





そのほとんどの機能についていけてないんだ!





おばさんがiPhoneに望むことはただ一つだよ





落としても割れないやつを作ってくれ!!!!!!


ここが陥没しとるんじゃああああ!!!





以上おばさんの心の叫びでした





またね!
ネタ再生はこちら▶️
  1. 2018/09/13(木) 09:44:56|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月12日(水)リサガスちゃん

こんばんは七転八倒です。

リサとガスパール。





「これかりるー」





先週末図書館にて息子に選ばれし絵本リサとガスパール




「これさあのさトーマスランドにいるよねー」





富士急ハイランド隣接の無料エリアにリサとガスパールタウンがあるため





我々にとってリサとガスパールはトーマスランドへ行く際に必ず目にするキャラクターなのでした





キャラクターそのものは私が学生の頃から目にしていたような気もします
おいいつだよババア




元はフランスの絵本のシリーズのようですね。





そんな馴染みあるキャラクターの絵本を初めて借りたのでご紹介しますね





『リサとガスパールにほんへいく』





リサとガスパールはパパとママと共に日本へ旅行に来るわけです


空港で出迎えてくれた日本人フクシマさんに連れられて色々な名所を巡ったり




ウォシュレットのボタンを無駄に押してパパに叱られてみたり



弁当を使い慣れない箸を使って食べようと苦戦してみたり





とこんな感じでリサガスの微笑ましい日本体験が綴られていくのかと思いきや突如





リサがガスパールの靴を踏んでしまいガスパールがすっ転び



フクシマさんの上にダイブしてしまうわけです。




次の日



フクシマさんまさかのギプスで登場






ええええええええええ!!!!!!!!!





と思うのは私だけでしょうか








いやフクシマさん優しいけれどもぉおおお!





中々の違和感を覚えた衝撃の絵本でした。




こうなってくると





もうウィキペディアでリサとガスパール調べるよね



~以下ウィキペディアより抜粋~



フランス・パリ(の人間界)に住んでいる、 ウサギでもイヌでもない未知の生物 の「2人」 リサとガスパール、およびその家族を中心とした日常が描かれている。周囲の人間たちは彼らの存在になんの違和感も持っていない模様。




ビクトリア
リサの姉。ワンピースを着ている。 リサとの仲はあまり良くない。


リラ
リサの妹。



リサのママ
リラを出産したその日のうちに病院から家まで歩いて帰宅した。




リサやガスパール及び彼(女)たちの家族はふだん ほとんど裸で生活している(ビクトリアだけは例外)が、なぜかみんな常にマフラーだけはしている。にもかかわらず、水泳のときには水着を着用する。




もはやリサとガスパールに興味津々ですよ




もはや来週も借りるよね




またね!
ネタの再生はこちら▶️
  1. 2018/09/12(水) 10:42:06|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ