魚眼日記

その女、七転八倒につき

9月17日(木)芳ちゃん

こんばんは七転八倒です。

母は壁を破る。


柏の実家に帰ってくると必ず会うママ友がいる


まだ知り合って数カ月だがあえてママ友と呼ぼう。


彼女にはもうすぐ一歳になる娘がいる。


彼女は母の親友のお嫁さんで


彼女は中国人だ。


出産と同時に日本での生活が始まった彼女


「みやちゃんの携帯教えていい?」


母から連絡があったのはちょうど半年前で


日本に知り合いがなく育児に参っている彼女の話を聞いて欲しいということだった。


私たちはメールで何回かやりとりをして柏で会う約束をした


お昼ごはんに招待してくれたので息子を連れて家に行くと


「ミヤコ!ここ座れ」

玄関に上がるなり力強い口調で私を迎えてくれた。


それまでメールでしかやりとりしていないのにだ


そうそうこの感じ。


私はかつてバイトで共に過ごした中国人たちの気持ちのいい直球を思い出した。


私は中国人のこういうとこがすきだ


母であるが故に話が尽きなかった。


この共通項は想像以上に広く繋がることができるようだ。


そうして昨日は何回目だろう


彼女と子連れでランチした。


そろそろ食べ終わるかというところで彼女は店員さんを呼んで味噌汁のおかわりをたのんだ。


味噌汁が運ばれてくるなり彼女は言う

「ミヤコ。のみな」

私の頼んだメニューに味噌汁は付いていなかったのだ。


「ココの味噌汁おいしよ」


未だかつてこんな風に誰かにおかわりを譲ってもらったことはない


「本当だ美味しい!アサリの味噌汁」


私が感動して叫ぶと彼女は言った


「ミヤコ。シジミだよ」


日本人の私に日本語で味噌汁の具を訂正する中国人の彼女。


それだけで生きていける


この国で生きていけるだろう。


その逞しさに惚れ惚れとしましたとさ


またね!


稽古?


してるに決まってんだろもうすぐ本番だよ!
きのうのアクセス③⑥⑦
今日の体重48.8


↓私が出る芝居の完全なる宣伝↓
ポップンマッシュルームチキン野郎課外活動
増田赤カブトこうのとり研究会

二人芝居オムニバス
「オリンポスの神々」


これ見て見て↓↓特設サイト
http://pmcyaro.com/stage/kounotori/sp/


作:渡辺美弥子
アラサンデレラ

増田赤カブト×渡辺美弥子
演出:渡辺美弥子・竹田哲士
(電動夏子安置システム)




原作:ヘミングウェイ 上演台本:小岩崎小恵
白い象のような山並み

小岩崎小恵×吉田翔吾
演出:ニシオカ・ト・ニール
(カミナリフラッシュバックス)




作:細川博司(バンダムクラスステージ)
Mexican standoff

横尾下下×宮吉康夫(パンチドランカー)
演出:サイショモンドダスト★
演出協力:細川博司(バンダムクラスステージ)



9月
20日(日)15:30~/19:00~
21日(月)14:00~/18:00~


場所
ステージカフェ下北沢亭http://shimokitazawatei.com/map.html

料金
¥2000
別途ワンドリンク¥500


ご予約はこちらから↓↓↓
http://ticket.corich.jp/apply/67506/011/
渡辺美弥子


  1. 2015/09/17(木) 23:06:26|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月18日(金)翻弄ちゃん | ホーム | 9月16日(水)自作自演ちゃん①③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/996-ef38a951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)