魚眼日記

その女、七転八倒につき

9月11日(金)自作自演ちゃん①①

こんばんは七転八倒です。

下痢。


腐ったものを食べても下さいないことが自慢の私の腹も


緊張にだけは勝てませんでした。


これは今でもそうですが緊張すると必ず下します。


オーディションの当日案の定私の腹はぶっ壊れ


もう五臓六腑すら流れたんじゃないかっつー勢いで下しました。


会場に着くと既に多くの芸人さんで溢れかえっており


私は1人魑魅魍魎の中に紛れた人間のような心持ちでエントリーシートに記入しました。


生年月日の欄に1978年4月24日生まれと記入しふと横を見ると


隣の人は1990年生まれと記入していました。


思えばこれはこの先の道の険しさを物語っていたのです。


オーディションといっても個別に部屋に通されネタを見せるものではなく


会場のステージに上がりライバル達で埋まっている客席に向かってネタをするというものでした。


一番後ろには構成作家やマネージャー達が机を並べ


そして壁側には所属芸人たちがズラリと立ち並び


皆んなで一斉にオーディションライブを見るというものだった。


ない。


この中で笑いを起こせる自信はない。


ステージ上ではネタ見せのルール説明が始まった


緊張に緊張を塗り重ねていた私は次の瞬間真っ白になった


「今日は2分半でお願いします」



組数が多いので3分ではなく2分半にしろというのだ


私がパニクったことは言うまでもない。


どこをどう縮めたのか覚えていないが2分半にしスベったことだけは覚えている。


そしてそんな中でも笑いを起こす芸人はいた。


そういう奴だけが勝ち上がっていくのだ。


合格者にだけ電話連絡します


私はいつまでもかかってこない電話の前でうなだれ悔しさに押しつぶされていた。


つづくー。


またね!

きのうのアクセス③①⑧
今日の体重49.6


↓私が出る芝居の完全なる宣伝↓
ポップンマッシュルームチキン野郎課外活動
増田赤カブトこうのとり研究会

二人芝居オムニバス
「オリンポスの神々」


これ見て見て↓↓特設サイト
http://pmcyaro.com/stage/kounotori/sp/


作:渡辺美弥子
アラサンデレラ

増田赤カブト×渡辺美弥子
演出:渡辺美弥子・竹田哲士
(電動夏子安置システム)




原作:ヘミングウェイ 上演台本:小岩崎小恵
白い象のような山並み

小岩崎小恵×吉田翔吾
演出:ニシオカ・ト・ニール
(カミナリフラッシュバックス)




作:細川博司(バンダムクラスステージ)
Mexican standoff

横尾下下×宮吉康夫(パンチドランカー)
演出:サイショモンドダスト★
演出協力:細川博司(バンダムクラスステージ)



9月
20日(日)15:30~/19:00~
21日(月)14:00~/18:00~


場所
ステージカフェ下北沢亭http://shimokitazawatei.com/map.html

料金
¥2000
別途ワンドリンク¥500


ご予約はこちらから↓↓↓
http://ticket.corich.jp/apply/67506/011/
渡辺美弥子






  1. 2015/09/11(金) 21:38:14|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月12日(土)アラ稽古ちゃん | ホーム | 9月10日(木)自作自演ちゃん①⓪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/990-a7615448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)