魚眼日記

その女、七転八倒につき

2月16日(金)ママと息子の大冒険ちゃん

こんばんは七転八倒です。

アドベンチャー。




たまきちゃんが朝食にフレンチトーストを焼いてくれ腹ごしらえを済ませた我々




1日目は大高緑地という名古屋にある都市公園へ出かけました




ゴーカートありキャンプ場あり壮大な遊具が豊富な上に夏はプールありのなんというか子どもの夢がつまりにつまった広大な公園で




駐車場だけで11個もあるという全貌が見えない広さでした。



第2駐車場に停めた私は早速たまきちゃんに連絡したところ


8?8ってどこよ!地図で見るとクソ離れてんだけど!



それぞれの車で目的地へと向かったため現地で落ち合うのに大分時間を要しました




なんとか合流をした我々はまずは昼食を済ませ少し遊具で遊ばせた後




お目当の恐竜探検その名もディノアドベンチャーへと足を踏み入れたのでした




以前恐竜博物館へ行った際には等身大の骨格だけで号泣した長男坊



「あおやまとと恐竜博物館いきたい」



恐竜好きの友達の影響もあってここのところ強気の姿勢を見せていた長男坊ですが




入場して1分で号泣





今回は骨どころの騒ぎではなくクソリアルな恐竜達がおどろおどろしい鳴き声と共にお出迎えしてくれたという
しかも動く!



入場して長男坊がソッコー帰ると言い出したので一生懸命引き止める我々。
いいか?金払ってんだよ!「いい?あれはニセモノなの。ね?大きな人形なの。だから怖くないよ」と入り口付近でロマンを真っ向からぶち壊すおばさん。




大和は全く恐竜に動じず寧ろ恐怖におののく長男坊の手を取り進むというなんとも頼もしい年下でしたが




途中手に持っていたチョコを地面にぶちまけ号泣するという各々全く別の理由で絶叫していました
面白すぎるだろがぁぁあ!



となんやかや泣きながらも「あ!パラサウロロフスだ!」「ギャーー」「ママこれほらこれスピノサウルスだよ」「ギャーー」と



興味と恐怖の間で揺れる様はなんとも愛しく楽しいものでした




そうして無事恐竜探検も終えた我々は次ぎなる目的地スーパー銭湯へと向かったのでした




「みやこさん皆んなで銭湯へ行きませんか?」




0歳の赤子2人に幼児2人を連れて銭湯




暴挙とも取れる素晴らしい提案をするそれがたまきちゃん



そういうところが本当に合う。



まず脱衣所でふざける長男坊達を捌きつつ次男坊の機嫌を取りながら服を脱がせる




私が全裸の長男坊と大和を連れトイレを済ませ戻って来ると




泣き叫ぶうちの次男坊をたまきちゃんが抱っこし泣き叫ぶたまきちゃんの次男坊を見知らぬおばちゃんが抱っこしているという



世の中捨てたもんじゃないなと思える瞬間でした



おばちゃんありがとう!




全裸で長男坊を制しながら次男坊を抱え風呂を済ませる我々はマリア以外の何者でもない気がしてきたよね



終始戦争でしたが我々の心はなんとも平和でした。



夜はかっぱ寿司でパフェで〆る。





「あおあしたかえっちゃうんだよ」
「だめだよ」
「だってさーようちえんあるからさー」
「かえっちゃだめだよー」




二人の間で交わされる会話は色んなものを共有し過ぎた今止めることができずに




まるで寂しさへと加速していくようでした。




つぎで最後!
  1. 2018/02/16(金) 11:35:20|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月17日(土)想い想われ思い出ちゃん | ホーム | 2月15日(木)二人の距離ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1489-47f2cba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)