魚眼日記

その女、七転八倒につき

1月23日(火)R-1後記ちゃん

こんばんは七転八倒です。

ママのいない日。



R-1ぐらんぷりの1回戦も2回戦も時間の都合上、幼稚園のお迎えに間に合わなかったためお義母さんにお願いしていました




嫁「R-1ぐらんぷりっていうものがあって」
義母「あーるわん?なんだいそりゃ?」
嫁「えーと、あのー、お笑いの、なんというか大会みたいなやつで」
義母「ははは」
嫁「あお頼んでいいですか?」
義母「いいよ」



毎度嫁の奇行をスルーし自由にさせてくれるお義母さんの深さよ。



そして息子の晩御飯もちろん外食ですよ風呂&寝かしつけは旦那に任せて心置きなく出かけたわけですが



1回戦の日は旦那曰く息子が途中までは元気だったけれど最終的に寂しい寂しいと言ってたようで



家へ帰ってからも「あおママあーるわんぐらんぷりのときさみしかった」と言われなんともいえない気持ちになったものでした。



あらかじめ説明していたため覚悟はしていたようですが初めてママ以外の人がお迎えに来たということもあって



いつもと違う感じに戸惑っていたようです。



その次の週に2回戦があり再び幼稚園後のママ不在となるわけですが



「今日はずっとご機嫌だったよ」



と旦那に言われ慣れだなと子どもの切り替えの早さに感心していたのですが



翌朝、機嫌よく起きた長男坊は居間ではしゃいでおりました



その日は古紙回収の日だったためさっさと出してしまおうと1人玄関から私が出ていくと




ママァァァ!!
いかないでぇえええええ!!!





と長男坊が泣きじゃくりながらパジャマで追いかけて来たのでした



その様子を玄関の戸口から伺う旦那



我々はこのとき息子の我慢していた寂しさをはっきりと感じたのでした



ママがいなくて大丈夫なわけがない。



小さいからだと小さいこころで頑張っていたのだ



ああちゃんとしなきゃと



自分のやっていることに責任を持って回収してやらなきゃと



改めて感じた出来事でした。



その日幼稚園にお迎えに行くと



先生は私に言いました



「今日あおくん縄跳び跳べたんですよ!」




先日のなわとび大会では全く跳べなかった息子が4回跳べるようになったという



「せいなくんが跳べるようになったら負けじとあおくんも」



私が尻を叩くのではなく友達の影響でやる気をだすというステキナカタチ。



それでいい



それでいいのだ息子よ



ああ素晴らしきかな人生。



またね!
  1. 2018/01/23(火) 10:12:41|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1月24日(水)彫刻の森ちゃん | ホーム | 1月22日(月)R-1ぐらんぷり2回戦ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1475-cffdae88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)