魚眼日記

その女、七転八倒につき

5月16日(火) 参観日ちゃん

こんばんは七転八倒です。

THE・参観日。



先日長男の幼稚園で給食参観日というものがありました



無添加かつ栄養バランスのとれた園の給食を試食でき、更には園での子どもたちの様子も見せてくれるというもので



普段息子の口からしか情報がないため半信半疑だった幼稚園での出来事がいよいよリアルに見れるという
息子を信じろよ。



我々幼稚園児ママ初心者には絶好の機会でした。



一貫して分かるのは毎日色んな歌を歌っているということだ



家にいるとき自然と口ずさむ歌が日によって変わり



入園直後はよく園歌を口ずさみ、最近は「おかあさん」をよく歌っていた息子。



「今日は何日?」



事前に11日の参観日のことを息子に伝えると毎日日にちを確認しその日を待ちわびていた息子。



当日私は次男をお義母さんに預け園に向かったためギリギリの到着になってしまい



教室へ入るとすでに保護者は集まっていました。



入り口から一番遠いところに座っていた息子を見つけようやく側まで行くと



息子は目に涙を浮かべていました。



「・・・ママ。」



いやもう泣くんかい!!!



入園式から数日泣き倒しようやく笑顔で登園していたと思ったらまさかの涙!



話が違うじゃねぇかぁあああ!!!



思わず裸足で園庭へ駆け出し叫ぼうかと思いました。



しかしその後先生が朝の挨拶を始めると息子はスッと向き直り



他の子と共に先生の指示に合わせて



席を立ったりロッカーから連絡ノートを取り出したりシールを貼ったりテキパキと動くわ



先生のピアノに合わせて歌うわ踊るわ



おお!



おお!



軍隊みたいだ。



愚図愚図だった息子が一月の間にこんなふうに調教されていることに感動と違和感を覚えた。



集団生活へ入り協調性を学びつつある3歳児を前に安堵残念の入り混じった気持ちでした。




いやまったくもって矛盾なのだが。




面白すぎる無茶苦茶な時期がこうして消えていくことには寂しさもありますな



そしていよいよお昼時



家でもご飯には手こずっていて中々食べ終わらない息子



どうかすると2時間とかかかる日もある息子



息子よ



どうだ?幼稚園ではテキパキと食っているのか?



なんて淡い期待を抱いた私を待ち受けていたのはただの現実。



「○○くんよく食べたねぇ!」
「○○ちゃんえらい!」



そこかしこでしっかりと食べているお友達を賞賛する声の中群を抜いて息子は食べていませんでした



時折大好きな白飯だけをスプーンで食べるのみ!



いやもしかすると今日は私がいるから家モードなのかもしれん



「先生息子はいつもこんな感じですか?」
「こんな感じです」



クソがぁ!



期待なんてしなけりゃよかったぜ!!




想像の野郎もてあそびやがって!!!
奥さんあのね。



どんどん食べ終わり食器を片付けていくお友達



一向に飯がなくならない息子



私は苛立ちました



「ねぇ、お友達みんなちゃんと食べてるよ。」



だからなんだ



「ねぇ、あおだけだよ?食べてないの」



それがどうした



私の言葉に速攻私の脳がつっこむ。



人は人。自分は自分。といいつつも人に遅れをとることに焦りを感じる弱さよ



もっと大きな器で包んでやりたいのに



小さな椀の中で溺れる悪い癖だ。



よしよしよし



焦らずいこう



となんだか色々考えさせられる参観日でした。



最後におかあさんへのプレゼントと称し先生の伴奏で「おかあさん」を歌ってくれた子どもたち



「おかあさんのお顔を見て歌いましょう」



息子は私に尻をむけ歌うのでした。



またね!

  1. 2017/05/16(火) 11:47:40|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月20日(土)誕生日狂想曲ちゃん | ホーム | 5月2日(火)長男物語ちゃん >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1349-ff060eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)