魚眼日記

その女、七転八倒につき

3月22日(水)臨月旅行ちゃん③

こんばんは七転八倒です。

まほう。



大事なのは何処へいくかではなく誰といくか



何をするかではなく何を感じるか


昔からそうなのです。



旦那を新富士駅まで送りそのまま箱根まで車でぶっ飛ばすこと90分
ぶっ飛ばさないでください



連休初日にもかかわらずスムーズに箱根湯本まで着いたものの



箱根湯本から旅館まで本来数分のところ30分も要してしまいました



渋滞と迷い道でな!!



ここ車入っていいのか?っつー細すぎる道に
勇気を出して入ってみるとようやく辿り着けたのでした
勇気を出さないと大和旅館まで着きませんよ奥さん



息子を促しトランクを持って入り口に殴り込むと
殴り込まないでください



なかなか風情がありますね



「いらっしゃい~ささこちらですよ」



奥からおばあちゃんが出てきて名前も聞かれぬまま部屋へ通されました



ね、素敵でしょ



荷物を置いて早速出かけることに



くねくねすぎる山道を車でぶっ飛ばすこと20分
ぶっ飛ばさないでください





星の王子さまミュージアム




ここへ行きたいがために1週間ほど前から子供用の星の王子さまを読み聞かせていたのですが


あるんだねぇこういうのが。



息子は全く興味を示さず洗脳失敗



絵本とは関係ないフライパンで一番テンション上がっていました



星の王子さまには色んなキャラクターが登場します




国民が一人もいない星の王様。



褒め言葉にしか耳を貸さない自惚れ屋。



お酒を呑むことを恥じそれを忘れるために呑む飲み助。



自分が所有している星の数を数え続ける実業家。



時間がきたら灯りをつけたり消したりする
規則にとても忠実な点灯夫。



自分の机から離れたことのない地理学者。



おとなは数字や現実的な考え方をする。

いつの間にか

子供のように独創的なものの見方を忘れ

規則的で単調な考え方をし、地位や名誉や賞賛に固執したりするわけだ。



おとなって変わっているなと王子さまは思う。





ほんとにそうなのよそう。



子供といると根本から覆されることが多いこと多いこと


柔軟に生きたいものですな。




友達になりたいなら僕を手なづけてよ




10年くらい前にも星の王子さまミュージアムに来たことがあるのですが



あの頃よりはるかに響くのはおそらく



私が子育てをしているからだろう。



つづく!
  1. 2017/03/22(水) 22:44:31|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月24日(金)臨月旅行ちゃん④ | ホーム | 3月21日(火) 臨月旅行ちゃん②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1339-d230c972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)