魚眼日記

その女、七転八倒につき

3月11日(土) 3歳児健診ちゃん

こんばんは七転八倒です。

3歳児ケンシーン。


先日行ってまいりましたよ3歳児健診というやつに。



あらかじめ家で視力検査やら聴力検査やら朝一の尿を持ってこいだのと



何かと面倒だと聞いていた噂の3歳児健診。



聴力検査は絵を見せながら普通のトーンとウィスパーの双方で問いかけ本人に聞こえているかを試すもので簡単だが



問題は視力検査だ!




お馴染みのこのマークを見せて隙間を判別させる例のやつなのだが


我々にはお馴染みでも3歳児にとってはのマークなので

一から隙間を指差し方法を教えるのですが



息子には全く意図が伝わらずしつこく言い過ぎて
「もうやめてよー!」とキレられる始末。



普遍的な方法は諦め息子の好きな数字を左右上下に書いて



「穴は何番に空いてる?」という質問形式に変更したところ何とか上手くいきました。



そして満を辞しての3歳児健診当日



機械で*屈折検査を行うも例のCマークの視力検査なんぞ微塵もやりませんでした
※遠視、近視、乱視の測定検査



どちくしょう!!!



Cに無駄な労力を使っちまったぜ!!!



因みにCはランドルト環というらしいです



くそどうでもいい情報だぜ!!!



「お名前は?」
「・・・・・」

「何歳ですか?」
「・・・・・・」


息子は内診のときの先生の質問に一切答えない方式をとっていてハラハラしました



ところが


「お名前は?」
「たけだあおです」


「何歳ですか?」
「3歳です」


「今日は誰とここに来ましたか?」
「ママ」


「歩いて来ましたか?車ですか?」
「くるま」


「ママの車は何色ですか?」
「みどり」



保健師さんの質問にはスラスラと答える息子。



つまりこういうことなのです



自分に恐怖を与えない存在には心を開くが



注射やら何やら自分を恐怖に陥れる存在である



医者には硬く心を閉ざすようです



笑えたなー
先生ごめんなさい



最後に絵本を一冊くれるのですが



5冊くらいある絵本の中から息子が選んだのは「ぐりとぐら」



「これにするー」
「これはやめよ」


「いやこれにするー」
「いやこれはやめよ」


「ぐりとぐらー!!」



それ家にあるだろがぁあああ!!!



本の前で醜い小競り合いをした我々。



結局「しょうぼうじどうしゃじぷた」にしました



「これパパのすきなやつー」



旦那が子供の頃からある本だそうで前に図書館で借りたことがあったのでした



「これパパにあげるー」



趣旨がズレるだろがぁああ!!



まぁ何はともあれ



ヘトヘトになりながらも無事終わったのでした



日々是感謝。



またね!
  1. 2017/03/11(土) 09:07:18|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月17日(金)昭和ちゃん | ホーム | 3月6日(月)無自覚ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1335-e5f66d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)