魚眼日記

その女、七転八倒につき

2月7日(火)トイトレその真意ちゃん

こんばんは七転八倒です。


そこにあるもの。



夏から始めたトイレトレーニングがようやく終わろうとしています。



途中私の稽古云々の都合で中断せざるを得なかった時期もありましたが



なんとか再起動を果たし私と旦那と息子の3人4脚でゴールを目前にしています。



早くもオムツの取れた同級生達を意識しつつ



2歳前後から「そろそろやらねば」とそわそわしだし



早く取れるにこしたこたないと思い込んでいた当初の私。



「トイレトレーニング=オムツを外すこと」



それ以外に考えが及ぶはずもなかったのですが



どういうわけか今となっては



子育てにおいてトイレトレーニングが本当に意味するところは別にあるように思えてなりません。



時には仏のような心でその失敗を優しく包み



時にはもういい加減にしてとため息が隠せなかったり



何度も失敗と成功を繰り返し一喜一憂する未熟な親子。



「すわってうんちしない!」


「あっちいって!」


「いや!」



頑なにトイレでうんちを嫌がっていた息子。



時には無理矢理座らせてみたり



時にはやりたいようにやらせてみたり



その間も諦めずすわってうんちの意味を説く我々



「・・・・・」


「・・・すわってみる」


「すわってうんちがんばる」



いつしか息子が自分の口から「がんばる」という言葉を吐いた時



私と旦那は言いようのない感動に包まれたのでした。



できないことをがんばる



やりたくないけどがんばる



あなたが喜ぶから。



それはまさしく私達親子の信頼関係を意味しているように思えました



そうなると



この信頼関係を築くことこそトイレトレーニングの真意なのではと思えてきちゃったりしてね



トイレトレーニングのみならず子育てっていうのはこの積み重ねなのかもしれません。




便器にまたがり私を真っ直ぐに見つめ泣きそうな顔でイキむ息子が愛しくてたまりません



初めて息子の股下からうんこが顔を出した時出産か!っつーくらい感動したことをここに告白します。



結局遅かれ早かれ何がどーなってもいずれは誰しもオムツが外れる



だから



トイレトレーニングとは




オムツが外れたどうこうではなく



親子がちゃんとコミュニケーションをはかれたかどうかに意味がある




んじゃないか?



またね!
  1. 2017/02/07(火) 15:14:16|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2月13日(月)誕生日ちゃん | ホーム | 1月24日(火) 友達の話ちゃん >>

コメント

わかる。

初めてトイレでウンチを成功させた、それの写真を撮って記念に残してある。
  1. 2017/02/08(水) 23:30:35 |
  2. URL |
  3. るーちゃん。 #-
  4. [ 編集 ]

わかる。

こういう瞬間の感動って親になって初めて知るよね。映画でも本でも体感できない子育てしてこそ知る感動がなんて多いことでしょう。
  1. 2017/02/09(木) 08:41:48 |
  2. URL |
  3. 美弥子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1330-12363b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)