魚眼日記

その女、七転八倒につき

10月12日(水)えほんちゃん

こんばんは七転八倒です。
絵本。


だいぶ空きましてすみません



書こう書こうと思っては眠気にそそのかされて放置してしまいました



ここ3日間22時就寝7時起床



こんにちは健康おばさんです。



子供を産んでから絵本というものを読む機会が増えました



初めこそ破いたり投げたりしていた息子も最近はこれ読めあれ読めと次から次へと持ってくる



そして絵本はなかなか高い



小さいものでも¥700。大きいものだと¥1200とかする



映画とか本をじっくり読む暇はないが絵本を読み聞かせることはよくある



そして気づくと私は最近絵本に泣かされっぱなしなのだ



冒頭の「いしゃがよい」は実家に置いてあった本をたまたま読み聞かせたところ号泣。


病院の待合室でたまたま読み聞かせた「あめくんデビュー」で号泣。


小児科の待合室でたまたま読み聞かせた「きみはほんとうにステキだね」で号泣


泣ける泣ける



最後涙で読み聞かせられてないからね



息子が「ママどったのー」不思議がるわがるわ。



絵本てほんの数分なわけです



ほんの2.3分



それで泣かすってこれ凄くないか?



最小限の言葉が最大の想像力と感性を刺激するってか



大事なわけだよね



あーいい絵本多すぎ



子育てして初めて踏み入った世界です



またね!

次回私の出演するお芝居です
どうかよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


第34回本公演
電動夏子安置システム

『Show Cage』

行き過ぎた監視社会の滑稽さと忌まわしさを描いた連作短編集。
ジョージ・オーウェル著「1984」において、主人公は似たような全体主義的管理社会で、その矛盾に気づき静かな抵抗を始める。しかしながらこの物語にはそんな気概のある登場人物はいそうもない。「Show Cage」とは誰に監視されているかわからない日々の状況に、ただただ右往左往するひとたちの
喜劇なのだから。

あれやこれや言うとりますが我々の目的はただ一つ貴方を笑わすことです。

脚本・演出
竹田哲士

CAST

小原雄平
道井良樹
なしお成
岩田裕耳
新野アコヤ
片桐俊次
武川優子
犬井のぞみ
渡辺美弥子
↑↑↑↑
私です


【劇場】
OFF・OFFシアター
東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

【日時】
10月
20日(木) 19:30★
21日(金) 15:00★/19:30
22日(土) 13:00 /17:00
23日(日) 13:00 /17:00
24日(月) 14:00 /18:00

【料金】

前売り¥3,300/当日¥3,800
★前半割¥3,000(20日19:30、21日15:00の2回はお得です。)
学割¥2000(大学生以下対象)
夏子割¥0(劇団のみ取り扱い。電夏はお名前が「夏子」の皆様を応援します)

ご予約はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Show cageチケット予約


  1. 2016/10/12(水) 22:29:12|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月13日(木)時を超えちゃん | ホーム | 10月8日(土)歓喜その内訳ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1301-ae70e766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)