魚眼日記

その女、七転八倒につき

10月8日(土)歓喜その内訳ちゃん

こんばんは七転八倒です。
いつの間にか。



我が家に幼稚園の内定通知が来てまるでお受験を突破したかのように歓喜したわけですが



全くもってそういうわけではありません。



旦那が卒園した幼稚園ではあるものの取り立ててここに入れたいと願っていたわけでもなく



多くのママがあれこれとこだわり様々な幼稚園を吟味し選定している中



ただ単に家から一番近い幼稚園だからという理由で選んだ私。



だから万が一そこに入れなかったとしても別にそれほど落ち込むこともなかったのです



半年前までは。




その幼稚園に行くなら少しでも息子が馴染めるようにと通い出した支援センターぽっかぽか



ぽっかぽかはその幼稚園に併設されている*子育て支援センターであるため
※未就園児を対象に無料で開放している子育て広場



自然そこに集まる親子はその幼稚園入園を希望しているというのが大体でした。



ほぼ毎日通っていた私と息子



毎日通ううちにいつの間にかその場所が居心地よくなり



同じようにそこに通ってくる親子と心を通わせるようになりました。



子供らがはしゃぎ笑い合い、ときにど突き合い泣かし泣かされしてる中


我々は真面目な話もくだらない話も子育ての悩みも全部



毎日毎日馬鹿みたいに一緒になって共有していました



いつしか



一緒に幼稚園に入るものと入りたいと強く思うようになったのでした。



入れるものと完全に安堵しきっていたのですが



今年は申し込み人数がかなり多くて募集人数を超えているという話でした



落とさざるを得ないと先生が言っていたのを聞いて



もしかしたらモレるかも。



うちが入れても友達がモレるかも。



そう思うと怖くてたまりませんでした



いつの間にか



共に幼稚園に入ることを願うようになった我々



バラバラは耐えられませんでした。



だからそれぞれに「内定」の通知が来た時



我々は馬鹿みたいに歓喜したのでした。



本当馬鹿みたいでしょう



バラバラになるには一緒にい過ぎたよね



私は通知が来る前に勢い余って神様に



「スベってもいいからどうかみんな一緒に入れますように!」



ってお願いしたから



あーーースベるかも。



いやいや頑張ります!



またね!
次回私の出演するお芝居です
どうかよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓
第34回本公演
電動夏子安置システム


『Show Cage』


行き過ぎた監視社会の滑稽さと忌まわしさを描いた連作短編集。
ジョージ・オーウェル著「1984」において、主人公は似たような全体主義的管理社会で、その矛盾に気づき静かな抵抗を始める。しかしながらこの物語にはそんな気概のある登場人物はいそうもない。「Show Cage」とは誰に監視されているかわからない日々の状況に、ただただ右往左往するひとたちの
喜劇なのだから。


あれやこれや言うとりますが我々の目的はただ一つ貴方を笑わすことです。


脚本・演出
竹田哲士



CAST

小原雄平
道井良樹
なしお成
岩田裕耳
新野アコヤ
片桐俊次
武川優子
犬井のぞみ
渡辺美弥子
↑↑↑↑
私です


【劇場】
OFF・OFFシアター
東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F


【日時】
10月
20日(木) 19:30★
21日(金) 15:00★/19:30
22日(土) 13:00 /17:00
23日(日) 13:00 /17:00
24日(月) 14:00 /18:00


【料金】

前売り¥3,300/当日¥3,800
★前半割¥3,000(20日19:30、21日15:00の2回はお得です。)
学割¥2000(大学生以下対象)
夏子割¥0(劇団のみ取り扱い。電夏はお名前が「夏子」の皆様を応援します)

ご予約はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Show cageチケット予約
  1. 2016/10/08(土) 23:28:40|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月12日(水)えほんちゃん | ホーム | 10月7日(金)歓喜ちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arimarie.blog47.fc2.com/tb.php/1300-c4b9f2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)