魚眼日記

その女、七転八倒につき

12月30日(金)招かれざる客ちゃん

こんばんは七転八倒です。
クリスマス。


昨年までは意味不明であったクリスマスというやつも


今年は絵本やらテレビから何となく息子に情報が入り


サンタさんという存在がプレゼントをくれるという


おいしいイベントであるということだけは理解できたようでした。


ただこの特権をフルに活用して
普段なら絶対に手に入らない大物をお願いするという


幼稚園児や小学生並みのハイレベルな発想はできなかったようで


「あおねーサンタさんにいちごアイスお願いしたい」


連日連夜息子はサンタさんにいちごアイスをお願いしていました。


というわけで私は*アピタでいちごアイスを買って用意していたわけですが
※イトーヨーカドーみたいなやつね!


なんかなーつまんねーなー


ぼんやりと鼻ほじりながらアピタを歩いていたところ


目の前にを発見したのです。


そこには乗れる虎と書かれていました


「これだ!」
これだ!じゃねーよ


私はこの虎の背にアイスを乗せて息子にやろうと思ったのでした


アイスは溶けるので冷凍庫に入れ、虎の背にはいちごのカプリコーンを乗せて


息子の枕元ならぬ足元に虎を立たせたのです。


次の日目を覚ました息子は一瞬で凍りつきしばらく微動だにしませんでした
私は寝たふりをしていました。


そして私と旦那が目を覚ましたのを確認するとおもむろに身体を起こし虎を指差し一言


「虎いる・・・」
「虎いるねー。あお見てきたら?」
「いやー、ママ一緒に!」


明らかに怖がっていましたね


それからいちごアイスを発見しサンタさんの手紙を読んでようやく理解をした息子。


おもむろに虎を撫でる息子


おもむろに虎にまたがる息子。


おお、やっぱり乗るんだ
意味もなく無駄な感動を覚えました
ほんと無駄だな!




それからはもうやりたい放題でした



息子は一言も虎が欲しいとは言ってなかったんですけどね


たぶん来年は明確に欲しいものを要求してくるだろう


ならばこんな無駄なクリスマスプレゼントがある年があっても良かろう


またね!
  1. 2016/12/30(金) 23:42:55|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月29日(木)ママたちの忘年会ちゃん

こんばんは七転八倒です。
ママたちの忘年会。


ぽっかぽかに通いだして早1年が経とうとしています
※行きつけのしゃべり場子育て支援センター


365日中300日くらい通った気がする



それもこれも子育てという壮大な化け物面白おかしく立ち向かう同志がいたからで


子育てを心の底から面白く感じ始めたのはたぶんこの時からだ




1人だったら絶対に超えられない波が母親にはあって


それはときとして旦那にさえ分かち合えないものであり


不安や疲労や悩みに押しつぶされそうな夜もある。




それは


今この時を同じくして同じように子育てをする母親にだけ通じていた


それに気づいた時


私たちは全てを笑いに変える魔法を手に入れたのだ。




つまり


ひとりでする子育ては悲劇であり


みんなでする子育ては喜劇なのだ。


宴は12時からわいわい始めて17時でお開きとなりました



皆んなが帰った後



たんまりとあった洗い物は



旦那が片付けてくれました



ああ素晴らしきかな我が人生。



またね!


  1. 2016/12/29(木) 21:08:35|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月27日(火)クリスマスイブちゃん

こんばんは七転八倒です。

メリー雨ふりすます。


竹田家が雨ふらしカルテット中毒であることはもう皆様ご存知ですね
知らねーよ

↓過去の記事はこちら↓
雨ふらし中毒①
雨ふらし中毒②




「年内にもう一度沼津へきます」という言葉を信じ7月の沼津ライブから待ち続けた我々。



まだかまだかと首を長くしてはくねらせ、長くしてはくねらせ、しまいにはひねらせては結んだ我々。
こえーよ。


夏に公演の稽古で上京した際には何度抜け駆けして私一人ライブへ行こうかと思ったことか
忙しくて全然行けなかったがな!


我々は待ちぼうけた甲斐あってクリスマスイブに沼津に再び雨が降るとの情報を入手したのでした。



きたきたきたきたきたきたぁああ!!!

当日一番乗りで沼津GTカフェに乗り込んだ我々。



7月から雨がふらしカルテットを聴かない日はないかもしれない


なんなら家族皆んな歌える


息子の五感を揺さぶるラッパトランペット


竹田家がライブを観たのは3回目。


身体が音を食べる。


そんな感じ。


色んな感情を食べているようなそんな感じ。


これからもずっと家族で聴きに行きたい。


「もういいよ母さん。」



そう息子に言われるまで



そう言われたら旦那と二人で



聴きに行きたい。



フラミンゴのうたはとても素敵だったなぁ
息子が撮ってくれた夫婦の写真。



結局息子は最後の最後で寝てしまい20:00一番好きなparadeを聴けなかったのでした。



また行こうな



またね!

  1. 2016/12/27(火) 11:08:00|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月24日(土)人魚物語ちゃん

こんばんは七転八倒です。

人魚姫。


ご無沙汰しております



世間ではインフルだのノロだのウィルスだのが大流行しておりますが



皆様ご無事でしょうか?



私は息子と2週間前にインフルエンザの予防接種を受け



安心していたのも束の間



先日夜中に突如激しい下痢&嘔吐に見舞われ



まんまと時代の最先端に踊り上がりましたよ。



上から下からまー出るわ出るわ



胃の中が空になったんでしょうね



最終的には補給した水分が5分後口からスプラッシュするという状態を繰り返していました



人魚と呼んでください。



美しい声と引き換えに足を手に入れた人魚姫。



水分と引き換えに脱水症状を手に入れたおばさん。



幸い下痢&嘔吐は1日で収まったものの倦怠感は3日間ほど続きました



まぁそれも翌日からいきなり昼にラーメンという食欲が胃に喧嘩をふっかける冒険に出たためですね
旦那「おいそこおかゆだろ」



朝方私の具合を確認した旦那は即座に洗濯機を回すと会社を休み息子を連れ*つるやへ
※旦那の実家。


ちょいちょい帰ってきては私の様子を確認し手際よく家事をこなしていきました



ひょっとするとこの人は主夫もすんなりできてしまうのかもしれないと



我が身の危機を感じるのでした。



その日は旦那と息子はつるやへ泊まり、私は布団やら服やらタオルやら部屋中にノロキラーしまくり洗濯機を回し
そういうのが売ってるんですね~



幸い旦那と息子への被害を無事食い止めることができました。



しかし私だけって・・・



何はともあれ健康こそ最上の幸福だということを思い知らされる出来事でした



皆様メリークリスマス。


  1. 2016/12/24(土) 09:41:59|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月16日(金)おしりちゃん

こんばんは七転八倒です。

噴射。



「ウォシュレットの水を頭から浴びる」



皆様はそんな経験がおありでしょうか?



私はある。



先日家のトイレで息子のオシッコを済ませパンツを履かせていると



「おしりー。ビーデ!」



といつものようにトイレの文字を堪能していた息子は



突如押したのです



おしりをな!


「これおすとどうなる?」

「お水が出て大変なことになるから押さないで」


これまで毎度押しそうな空気はあったものの



なんとか押し止まっていた息子の好奇心はその日制御不能となり決行したのだ



しかも運悪く便座に思い切り手で体重をかけていたため



本来なら反応しないはずの「おしり」は勢いよく噴射しました。



お尻というターゲットを見失った「おしり」はただただ天井めがけて噴射しました



そしてすべて私の頭上に降り落ちてきたのでした


奇跡的に床はいっさい濡れませんでしまた


私は言い表し難い興奮に陥りました
どういうことだ



いやー子どもってほんと何でもするのねー。


またね!

  1. 2016/12/16(金) 10:07:28|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月10日(土)ミシンちゃん

こんばんは七転八倒です。

ミシーン。



息子の幼稚園準備にかこつけてミシンを購入しました



そう今やお母さん皆んなが皆んなミシンを持つ時代ではない



手提げバッグも上履き入れもスモックも簡単に購入できる便利な時代だ




そのためにわざわざミシンを買う必要はないのだ



しかし私は個人的にミシンが欲しかったので



さも入園準備に必須と言わんばかりに旦那に当てつけ買うことに成功したのでした



買うにあたり色々とお店の人に聞いたのですが


10年以上もたせるなら5万以上
7Kg以上が望ましい。
brotherもjanomeも良いがJUKIがおすすめ。


というわけで


1ヶ月外食をカットしてミシン購入費にあてました。



母さんは夜なべして


息子のスモックを


せっせと縫うのでした


あと我が家にはクリスマスツリーがないので


こさえてやりました。
こえーよ。



またね!



  1. 2016/12/10(土) 18:00:36|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月8日(木)この間の妊婦検診ちゃん

こんばんは七転八倒です。
ま、待ってくれ。


「ちょっと急に体重増えすぎですね」



ひと月前の妊婦検診から3キロ増量した私は助産師さんから注意を受けました。



私は声を大にして言い訳をしたかった



まず、前回妊婦検診をうけたのは公演が終わった翌日の10月25日 !



精神的にも体力的にも消耗している公演後の私は大体2キロ痩せているのだ



だから通常よりー2キロというハンデを背負ってのスタートだったのだ
何を言ってるんだ奥さん



且つ妊娠中の私は超便秘なのだ!



その日の私は5日間分くらい腹にウンコを貯蔵していたのだ



「あのすごい便秘で、多分そのせいだと思うんです」


「ははは(こんな増えねーよ)」



助産師さんは私の主張を軽く受け流し、食生活に気をつけるように言いました



そして何のイタズラかその日の検診後私は大量にウンコした
どんなイタズラだよ



結果➖1.2キロ



おらみろぉぉおおおおおおおおお!!!!!!



思わず産婦人科に電話してやろうかと思いました



まぁそれでも



「甘いものは1週間に1回程度で」



毎日食べている私は確信的な謀反者なんですけどね。



またね!
  1. 2016/12/08(木) 18:00:11|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月6日(火)1日入園ちゃん

こんばんは七転八倒です。

先日。



来年度から息子が通う幼稚園の1日入園なるものがありました



1日入園といっても実質は制服の採寸や備品の購入等々



我々の事務的な用事がほとんどだったのですが



その中でひとつだけ息子に携わるものがありました



それは面接



「お子さまだけ2階で面接を行います」



紙面にはそうかかれていました。



お子さまだけ。



親は1階で待っていて子供たちだけ2階に引率され軽い面接を行うというものでした。



これは大丈夫な子は大丈夫だろうし泣く子は泣くだろう



泣いてやまない子はお母さんが呼ばれて2階まで行くとの話で



息子はどっちに転ぶか分かりませんでした


大丈夫なような気もするしママも一緒にと主張するようにも思えました



「先生に呼ばれたらママから離れて2階へ行くんだよ」



私は前もって何回か息子に説明しました




分かっているのか分かっていないのか息子は何にも応えませんでした



そうして息子と座って順番を待っていると、突然息子は「ママ手って!」といって私の手を強く握りました



やはり不安なのでしょう。こりゃ離れるとき少々手こずるかもしれないと思いました



「はーい猫さんチーム2階に行きましょう」いよいよ先生に呼ばれたその時



息子は勢いよく立ち上がりました。



一瞬逃げ出すのかと思ったくらい勢いよく前へ出ると



先生に手を引かれる前に2階を目指しずんずんずんずん階段をのぼり出したのです



まるで息子が皆んなを引率するかのように。



階段の途中で一瞬チラッと私のことを見ると再びずんずん進みやがて私の視界から消えて行きました




10分か15分かそれくらいして面接は終了しそれぞれ帰ってきました



またしても息子は2階から一番乗りで降りてきました



手には報酬のクッキーを下げて。



私の元へ帰ってきた息子はどこか自身に満ちているようにも見えました



私は息子を抱きしめました



まるでなんてことないこと。



だけど



それは私たち親子の絆や成長が垣間見える瞬間であったことは確かでした




その日いつものようにコープて買い物をしていったのですが



帰りに息子は尻もちをつき持っていたネギの頭が折れると号泣しました



「ネ、ネギとれちゃったぁああああ!!!」



そのまま泣きじゃくりながら家に帰るとそのまま寝てしまいました




いつもならそんなことでは泣きません




きっとその日は息子なりに戦っていたのだ




その緊張が解けた時涙が止まらなくなってしまったのでしょう



こんな小さなことに胸が揺さぶられる




そんな日々です。



またね!


  1. 2016/12/06(火) 18:00:07|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2