魚眼日記

その女、七転八倒につき

7月30日(土)記念日ちゃん

こんばんは七転八倒です。

7月25日。


騒いでいる子どもを放ったらかし携帯をいじる親ならば注意すべきだろう


迷惑をかけていることに気づかないほど子どもを見ていない親ならば注意すべきだろう


だけど大抵の親はちゃんと見ている


あらゆる対処をしても乳幼児は泣いたり歌ったり大人のように声のトーンを調節できなかったりする


乳幼児専用車両があるならそこへ行こう、でもない。


10分も20分も泣き止まないなら通路へ出よう、でも少しなら許して。


天真爛漫な子どもをガチガチに縛り付けることにも親は抵抗がある。本当に正しいことは何なのか。



許せる
許せない
子どもは騒いでいい生き物
疲れているのに騒がれたらたまらない
泣き止ませろよ
泣き止まないの
子育てを経験しているかしていないか
孫がいるかいないか
子どものことを知っているか知らないか


たぶんこの子どもの音に対する議論は永遠になくならないし決着もつかなのだろう。


東京駅で降りた我々は再び東海道新幹線に乗り込み新富士へと向かいました


車内はガラガラ


しかし眠くなってきた息子は愚図り出しました



私は先ほどの一件で敏感になっていたのですぐに息子を抱き上げデッキへ出ました


デッキで愚図る息子を一喝し更に泣かせたのです。


眠くて泣いている時もっと泣くとすぐに眠るのを私は知っていました


「一喝して泣かせて眠らせた」
「うん。聞こえたよ」


席に戻ると旦那は息子を横にしてやり言いました


「あおはずっといいこだったよ。この旅行の間中ずっと。」


その言葉に私はたまらなくなって窓の方を向きました


こらえきれずに泣きました


本当にその通りでした


でも


この子がいい子にしていたかどうかなんてあのおじさんには全く関係ないのだ


ただあの瞬間うるさかったのは事実で耐えられなかったのだ


旦那は何も言わずにただ私の背中をさすっていました


ああそうか


私のこの気持ちは旦那には通じていたのだ


だから


それでいいのだ。


どうしても分かり合えない人もいるのが世の中でこれは仕方がない


みんな環境も生活も大事なものもそれぞれ違うのだから。


でもそこに理解してくれる人がいる、それだけでいいのだ。


なんとなく分かってきたのです。


この日7月25日は私達の結婚記念日でした


何もしませんでした。


でも私達はしっかりと


夫婦に家族になっていたと思います。


またね!
きのうのアクセス⑧⑤
今日の体重49.3



  1. 2016/07/30(土) 18:55:07|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月29日(金)こころ合わせてちゃん

こんばんは七転八倒です。

新幹線。


仙台へ行きに高速バス、帰りに新幹線を使った我々


2歳児を連れて6時間もバスに乗るなんて自殺行為だと言われそうですが


奇跡的に息子はほとんど愚図ることなく旦那の膝と私の膝を行き来し無事バスを降りることができたのでした


「えらかったよ」


私は息子を思い切り抱きしめました。


行きに難易度の高いバスをクリアした我々にとって帰りの新幹線は大した問題ではありませんでした


私と旦那と息子と母の4人で新幹線に乗り込み、まずは仙台から東京まで2時間。


息子は楽しそうに手遊びをしたりお菓子を食べたりして良い子にしていました


もう少しだ


もう少しで東京だ。


東京に着いたらいつもの新幹線で帰ればいい


子育て中のママが悩まされる車内で過敏になるあの神経


私のあの神経はもう少しで解放されるところでした。


しかし世の中はそう単純ではなく


母が上野で一人下車する際に息子は泣き出しました


ばあばがいなくなるのが寂しかったからです。


「うるせぇなぁ」


私は3つ後ろの席のおじさんが聞こえよがしに放った一言に心が破裂しました


「移動しよう!」

「おじさんがうるさいって言うから移動しよう!」


私はトランクを荷台から乱雑に降ろし旦那を促しました。




息子はずっとうるさかったわけじゃありません


おじさんはついさっきその席に着いた人でした


聞こえよがしにものを言ういやらしさ。


わたしはどんどん気持ちが悪くなってきました


上野で下車した母を見送り我々は通路に立ち東京駅を待ちました


つづくー。
きのうのアクセス①⓪⑤
今日の体重48.9
  1. 2016/07/29(金) 18:47:49|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月28日(木)仙台ちゃん②

こんばんは七転八倒です。

仙台で会いましょう。


実家の両親と我々3人で弟のいる仙台へ旅行に行ってきたのですが


2泊3日の仙台行きが決まってから母に用事があって実家に電話したところ、父が出ました


私「お母さんいる?」
父「今出かけてるよ」
私「それじゃまた後でかけるね」
父「あのさ」
私「何?」
父「いずれ言わなきゃいけないことだから言うけどさ」
私「う、うん」
父「俺一泊しかできないんだ」
私「え?」
父「友達と旅行に行くんだ」
私「え?」
父「そういうことだから。じゃ。」


ガチャン-。


父よ!!どういうことだ


母「まったくお父さん、先に仙台行きが決まってたのにさー。後から友達との旅行入れちゃってさー。」


電話の意味不明な切り出し方といいとても父らしいです。


というわけで1日目は家族6人で仙台を堪能し


松島
弟が塩竈の市場でウニを御馳走してくれました。
トゲトゲついてる。


夕方になり息子が寝ている間に父が一人で新幹線に乗り帰っていきました


寝てしまった息子を旦那と交互に背負いひぃひぃ言いながらやってきた先は


仙台アンパンマンミュージアム。


30分も経たずに目覚めた息子は目の前に広がる夢の世界に狂喜乱舞。

パン工場。

アンパンマン号。

天丼。

パンにタッチ。



2歳半でもまだまだ楽しめるようですアンパンマンミュージアム。


夜は弟に仙台料理を堪能できるお店に連れて行ってもらいました
全てが美味かったです。


翌日には母と我々3人で八木山ベニーランドという遊園地ではしゃぎ


無事新幹線に乗り帰ってきたのでした。


またね!
きのうのアクセス①④①
今日の体重48.6


  1. 2016/07/28(木) 18:34:16|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月27日(水)仙台ちゃん

こんばんは七転八倒です。
弟のBARに行くため仙台へ行っていました。


5年前に仙台で弟がBARを開きました。


4年前に1度旦那と2人で訪れたことがあるのですが


今回は息子も加わり私の父母も仙台で合流し賑やかな仙台旅行となりました


弟は研修と称して半年に一度世界各国を旅しその土地の絶品料理を地元の人から習いBARのメニューに加えるようです。
タイカリー。


弟は私の使ったことのない食材と調味料を自在に使い慣らしており「随分遠くへ行っちまったな」と涙が出そうになりました
どういう感情なんだよ
モヒート。


お客さんが1人また1人と増え始めた20時頃我々ファミリーはおいとますることにしたのですが


父は突然立ち上がるとカウンターへと向かいました


「純の父です」


カウンターに座っていたお客さんにおもむろに話しかける父。


お客さんは笑顔で父を迎えてくれ調子に乗ったのか


「あの英語はね、純より私のができますから」


世界を股にかけている面では負けたくなかったのでしょう、意味不明の発言を残し


「おい純、ここのお客さん全員に1杯俺の奢りで!!」


あのとき父の頭が薄暗いBARの中でも一際光り輝いていた瞬間でした。


弟は恥ずかしそうにそして嬉しそうに笑っていました


私たちは家族です。


仙台へお越しの際は是非無国籍BARリチククをよろしくお願いします。


息子は弟が揚げたえびせんをバリバリ食べていました


そのせいか弟のことをせんべいおじさん。と呼ぶのでした
まぁ旦那が仕込んだんですけどね


つづくー。
きのうのアクセス①①⑤
今日の体重48.8


  1. 2016/07/27(水) 17:35:30|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月23日(土)といとれちゃん③

こんばんは七転八倒です。

息子のちんちん。


「え?どういうことどういうこと?」
「だからぁ、ちんちんの穴が上向いてるのよ」
「え、でもさぁオシッコするときに自然と下がらない?」
「下がらないの。ちんちんが下がっても穴が上向きだから!」
「ちょっとよく分かんないなー」
「だからぁ、便器に座らせたときにちんちんの穴と目が合う感じよ」
「やっぱ分かんないから今度あおくんオシッコするとき見せて」
~先週のぽっかぽかの帰り道での会話より抜粋~



息子を便器に座らせて初めて用足しに成功したとき


息子のオシッコは全て私の左胸が受け止めました。


そうです


全く便器に落ちなかったのです。


初めは座らせ方が悪かったのだと思いその後気をつけて座らせてみるも


やはりオシッコは左胸めがけて飛んでくるのでした。


私はそのとき気づくのです


あれ?穴が上向きじゃね?


「大丈夫だよ、成長と共に下向きになるって」


旦那は笑いながらそういいました。


「あのね、腹を少し下向きに抑えてやると飛んでこないよ」


ちんちんを抑えると止まってしまうが腹から抑えてやるといい感じだと旦那が研究発表をしてくれたのでした。


そうして友達に息子のトイレを見せてやると


「あ!ほんとだー!穴が上向きだ!」


自分の息子との違いをその目で確かめたのでした。


さてさてトイレトレーニングはまだ始まったばかりです



がんばるぞー


またね!
きのうのアクセス①⑧⑧
今日の体重49.6


  1. 2016/07/23(土) 17:35:31|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月22日(金)といとれちゃん②

こんばんは七転八倒です。

面倒くさいの醍醐味。


「トイレトレーニング超面倒じゃない?うちは保育園が全部やってくれて楽にオムツ外れたよ~」


どこかのママが友達にそう話したそうです。


そう言われた友達は面倒くせーなぁと思いながら重い腰を上げ


2歳半になる息子のトイレトレーニングを始めたそうな


保育園通いではないため全て自分でやるわけなのですが


息子にパンツを履かせたらソッコーうんこをしたそうです。
そうそう先週のブログのやつですね。


それを何回も繰り返しげんなりしながらも息子に笑顔を忘れず一生懸命パンツを洗う友達。


便器に座らるも、10分15分待てど暮らせど一向にオシッコは出てこない


それを2ヶ月繰り返したそうです


そしてある日


いつものように息子を便器に座らせていると

「ママー!あー!あー!」
「なになに?」
「ママー!ちゃんと抑えて!」
「何を何を?便器を?」
「わー!わー!」


突然パニクる息子


次の瞬間息子のちんちんから初めてオシッコが出てきたという


そのとき友達は涙が止まらなかったそうです


友達は私に言いました。


「なんかさ、面倒くさいんだけどさ、感動のが大きくね?」



きっと



子育ての醍醐味はここにあるのだ




子育てなんて面倒くさいことしかない



だけど面倒くさいを凌駕する感動が必ずそこにある。


人を育てるということはとても大変でとてつもなく素敵なことなのだ


ちなみにそのとき友達は息子のオシッコがキラキラ輝いて見えたそうです
馬鹿な!


つづくー。

きのうのアクセス①①③
今日の体重49.2





  1. 2016/07/22(金) 17:45:29|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月21日(木)といとれちゃん

こんばんは七転八倒です。

トイレトレーニング始めました。


息子と同じ月齢でもうすっかりオムツが取れた子もいるし


3歳過ぎてもなかなかオムツが外れない子もいて


寝返り然り歩くの然り当然そのスピードは人それぞれなわけです。


早けりゃオムツ代がかからなくていいけれど


遅くたってその子の未来には何ら影響はない


ただただ我々ママまたはバァバ達が隣人に遅れをとるまいと焦る時期だけの話です


もう外れたの?
まだ外れてないの?


宇宙からみたらくそどうでもいい論議が交わされる時期、それが3歳前というやつなのです。


私もそんな一般的な面白みのない親なので2歳半を目前に焦り始めるわけです


ぼちぼち始めるかっつーことで始めました。


オムツとパンツの間にはトレーニングパンツという奴がいます


トレーニングパンツには2層~6層と幅広い種類があり漏れを最小限に食い止める効果があるようです


徐々に層を薄くしていって最終的に普通のパンツにしていく算段なのでしょう


しかし私は適当且つ面倒臭がりな人間なのでね


大胆に省いてやりましたよ!!トレーニングパンツとやらをな!!


そうです


もう1日目から普通のパンツにしたよね
ソッコー漏らしたよね


私は笑ったよね


それもまた一興だよね


子供の特権だよね


つづくー。
きのうのアクセス①⑦⑨
今日の体重style="color:#000000">49.3



  1. 2016/07/21(木) 17:47:27|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月19日(火)雨ふらしカルテットちゃん②

こんばんは七転八倒です。

雨ふらし中毒。


もしかして2歳児を連れて行ったら入れないかもしれない。


入れたとしても暴れちゃってすぐ出なきゃいけないかもしれない


それでもいい


一瞬でもいい


もう一度あの雨に打たれたい。


私ははっとしました


きっとこういうことなのかもしれない


音楽や演劇や絵やその他様々な表現が人に与える形のない価値


物ではない視覚聴覚に訴える感じる刺激にお金を出す意味。


「都合が合わないから」
「誘われたからいくよ」
「いけたらいくよ」


表現者たちに対するこんな言葉の数々を


「絶対都合を合わせる」
「誘われなくてもいく」
「何が何でもいきたい」


に変えられる人がプロなのた。


お金を出して得たいと思う刺激なんだ。


そしてこの刺激は知らなきゃ知らないで生きていける


刺激を得なくたって病気にはならない


だけど刺激を手に入れたら心は何倍も育つ。


想像力と創造力が育つ。


それが人生をどれだけ豊かにするかは得た人にしかわからない


家で散々息子に雨ふらしカルテットを洗脳聴かせていたので
前半は夢中で見ていてトランペットに釘付けでした
家でもラッパ持って踊っています。


「parade」そして「ダンデライオン」と2つ息子のお気に入りの曲があるのですが、やはり名曲なのでなかなかやりません


旦那と二人で息子が起きているうちにやってくれぇぇえ!!と心で叫びましたが

間に合わず!!


しかしそのお陰で旦那と落ち着いてたっぷりと雨ふらしカルテットを堪能できたのでした。


CDを2枚買いました。


次の日息子は言いました


「きのうナンデライオンいたー」
「いたねー」
「パレドとナンデライオンやらなかたねー」

いややったんだけどね


次回こそ聴かせてやるからな


またね!
きのうのアクセス①⑤③
今日の体重49.4


  1. 2016/07/19(火) 17:40:13|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月18日(月)雨ふらしカルテットちゃん

こんばんは七転八倒です。

雨ふらしカルテット。


もう一度雨ふらしカルテットがみたくて


土曜日の夜に車をぶっ飛ばし沼津へ行ってきました。


ことの発端は先月近所のお寺で寺音祭というお祭りへ行ったことが始まりでした。


お寺の本堂で無料音楽ライブがあるというのでふらりと立ち寄ってみたのです

お祭りや各種イベントでよくある無料音楽ライブを何度か見たことがあったので


そんな感じだろうと構えずにゆるりと座っていたら怪我しました。


1曲目で心臓を鷲掴みみされ最後には立ち上がれないほどボッコボコにされてしまったのです。
普通に立って帰りましたが。


それから家に帰って普通の日常に戻ったのですが


寺音祭楽しかったねよかったねで済めばよかったのですがね


済まなかったんですね。


どうしてもまたあの音があの画がみたくてYouTubeで探したりして


毎日息子と聴いたりして本当どうしてくれんだって話ですよ


音楽は暴力だと思いました。


素敵な暴力です。


ふと寺音祭でもらったチラシをみると

普段は東京で活動しているが7月に沼津にくるという話


「行こうよ」
「うん」


我が家はいつだってフットワークが軽い。そいうとこ好き。


つづく!
きのうのアクセス①③⑤
今日の体重49.3


  1. 2016/07/18(月) 16:02:10|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月16日(土)でんでん虫ちゃん

こんばんは七転八倒です。

ママみてー。


「ママー」
「えー?」
「ママー!」
「なにー?」
「ママみてー」
「えー?」
「ママほらほらー」


畳の部屋から息子がしつこく私を呼ぶので行ってみるとそこには

隅の方で敷き布団にくるまる息子がいました。

「ほらほらー」
「何それ」

「でんでんむしー。」


なにがほらほらでどこがでんでん虫なのか皆目見当がつきませんが


ただただ愉快な気持ちになりました。


もう忙しくて忙しくてやらなきゃいけないことに追われてでもほとんど計画通りに進まなくてイライラが絶頂にきたときとかに


ふとこういうことがあるのです


ふとしたこういうことがストレスを帳消しにしてくれたりします。


子育ては大変です


しかし大変なことは嫌いではありません。


大変なことの先には必ず何かがあると知っているからかもしれません


何でもそうですね


今までしてきたことが全て子育てに役立っています


そしてまた


子育てがこの先の人生に役立つに違いない


無駄がないなぁ


またね!
きのうのアクセス①①⑥
今日の体重48.9


  1. 2016/07/16(土) 18:10:41|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ