魚眼日記

その女、七転八倒につき

7月6日(金)この原点ちゃん

こんばんは七転八倒です。

原点。




昨日は幼稚園の個人懇談ということで担任の先生とお話してきました




良くも悪くも長男坊は我々の話を理解できる年齢になってきているのと




次男坊は次男坊で意思を持ち始めてきたため懇談中に大人しくできない可能性があるため




2人をつるやのばあばに託し単身で行ってきました




こういう時近くに預けられる人がいない人は本当に大変だし





人一倍子育てに奮闘していると感心しないではいられない




私も簡単には預けまいと常々教訓にしています。




というわけで常に一緒の次男坊を抱いていない私の身体はなんだか不完全な肉体のようで



得体の知れない違和感を纏いながら門をくぐり抜け教室へと乗り込んだのでした。





先生は手元の資料のようなものを見ながら息子の幼稚園生活のアレコレを話してくださいました




●4月はとても緊張していたけど今はのびのびとしている

●毎日楽しそう

●真面目なくせにな性格という相反する性質が垣間見える

●食べこぼしが多い

注意力散漫で毎日どこかしらに傷を作る





なんの変哲も無い息子の幼稚園生活の話




でも




私の安堵満足ははち切れそうなくらいでした




毎日楽しそう





それだけで充分




あの幼稚園に行きたくないと泣き叫び私に担がれて登園していた息子が




いまは毎日笑顔で家を出る




それだけでいい




人間は欲張りだからいつかこんな感覚も薄れて




忘れてしまうのかもしれないけれど




何ができなくても




何が足りなくても




君が笑って家を出る




それだけでいいのだと




原点に立ち帰れるように




自分に言い聞かせたい。





今はのびのびと自由を謳歌していい時期だから




毎日楽しくあってほしい




とりあえずほっとした日でした




またね!



  1. 2018/07/06(金) 09:41:42|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

7月5日(木)私の母の子育てちゃん

こんばんは七転八倒です。

母の子育て。




私の母はどちらかというとおっとりしていて子供を激しく叱るタイプではありませんでした




いつも優しく我々兄弟をすこぶる愛してくれたように思います




また幼い頃から今に至るまでこうしろああしろと言われたことは一度もなく




学生時代に勉強しろと言われたこともない。





大学を卒業して就職せずに劇団というこの世で一番不安定な存在に身を投じた時も一切何も言われず




10数年間、風呂なしトイレ共同家賃¥27000のボロアパートに住んでいても何も言われず




適齢期過ぎても結婚しろと言われることもなかった。




すべて自己責任の元に好きにやらせていたという




最近




ここに子育てをする上でのキーがあるように思えてならない。




まぁ




だからそんなんなっちゃったのかと言われればぐうの音もでないが




これまで私は失敗と挫折の連続ですが




後悔したことはありません。




そうそうそれでも




そんな放任主義の母にもひとつ




こだわりのようなものがありました




それはTHE与えないです




どいういことかと言うと例えば




鉛筆削りを与えない




とか





持ち帰った上履きを洗ってくれない




とかでした。




小学生の頃周りの友達は皆「鉛筆削り」を持っていました




電動のやつとか手動のやつとか




そんな中私はひとりカッターで鉛筆を削るという職人のような小学生でした




だから鉛筆削りが欲しくて欲しくてたまらなかったのを覚えています




母が私の上履きを洗うことはなく





自分で洗いなさいと常々言われていたのですが




ウルトラスーパーズボラMAXの私が洗うわけもなく




結果周りの友達の白い上履きの中ひとりダントツ黒ずんだ上履きを履き倒していました。




ただ





THE与えない主義の母によって鍛えられたせいか





私はすこぶる器用です。



器用に刺繍までできちゃう


本物みたいにつくれちゃう
奥さん売ったら犯罪ですからね





またね!

  1. 2018/07/05(木) 11:48:15|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月28日(木)おうちコープちゃん

こんばんは七転八倒です。
おうちコープ。





コープといえば





おうちコープへの執拗な熱心な勧誘を誰しも一度は被害を受けたことがあるのではないでしょうか





かくいう私もこの5年間で一体何度勧められたかわからない





特に幼子を抱いていると必ずと言っていいほどロックオンされること間違いなし





「赤ちゃん抱っこして買い物するの大変ですよね~」
「いえ別に」
「重たいですよね~」
「いえ別に」





敵は必殺3歳までは手数料無料攻撃を仕掛けてくるので
敵とか言うな~お世話になってます





こちらは必殺店での買い物が一日の息抜き攻撃で防御している





いつだったかマンションのエレベーターでどこかのお宅へ向かうおうちコープの配達の人と乗り合わせた際には





「・・・・・・・」
「・・・・・・・」
「あの」
「はい?」
「奥さんおうちコープご存知ですか?」





うるせえご存知だわ!!!!





まさかのエレベーター内での勧誘





いつ何時でも抜かりなく勧誘のチャンスを狙っている





視点を変えれば意識高い系社員




「なにエレベーター内で勧誘?」
「はい。でも失敗しました」
「よくやった!その心意気はいいぞ。」
「奥さんの目が死んだ魚の眼をしていて怖かったっす」
「いるよな~そういう奥さん」
「俺また頑張ります」
「よし今夜は俺のおごりだ!」

奥さん想像力が稚拙ですよ。





私が上司なら間違いなく褒めちぎるだろう!





「けっこうです」





私がただの主婦なばっかりに一蹴してあいすいません。





と長年断り続けていたおうちコープだが





とうとう入ってしまった。





いや入ったんかーい!





基本的な買い出しは今まで通り向かいのコープへ行きおうちコープに配達してもらうのは





牛乳オンリー!





息子達がえらい飲むから1日の消費量が半端なく





毎週7本届きます





喫茶店の納品かよ!!!!





それでも足りなくてさらに1、2本買い足したりしてます。





毎回買っていた牛乳を店で買わなくなって軽くなった気が





全くしませんけれども





しばらく続けたいと思います。





ご苦労様ですおうちコープの配達の人!





またね!
  1. 2018/06/28(木) 11:40:48|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月27日(水)過去最高にんじんちゃん

こんばんは七転八倒です。

竹田家常備。




長男坊が1歳から絶えず食べ続けているものそれはにんじん。
↓↓↓
嗜好品ちゃん




あの時よもや4歳になるまで食べ続けているとは思うまい




おい!




おい37歳のあたしぃ!




お前の息子はまだ人参食ってっぞ!!!!





もはや出汁も何もない素のボイルにんじん



長男坊が幼稚園に上がり給食になったので我が家のにんじんの消費量は減った






のもつかの間






ついに離乳食を終えた次男坊も煮にんじんを食べ始めたのだ





その結果





我が家のにんじんの消費量過去最高になるの巻




いいか!






コープのにんじんを一番購入しているのは間違いなく我が家だ!!!




いいか!





くれぐれも野菜高騰でとち狂ってにんじん1本¥100とかにするなよ!!!
あったよねー前あったよねー




しかしながら次男坊にとってにんじんは嗜好品とまではいかず




お皿に乗せても好きなものから食べるので大抵後の方に残っている




が最終的には食べる





つまり





あれば食べる程度のものだ




あと




「うきゃー!うきゃー!」と




夕飯の支度中に次男坊が台所に入ってきて飯の催促を始めたときなんかに





「これでも食ってな」





と言って煮にんじんを渡して黙らせる手段としてにんじんを活用する




つまりやはり我が家の必需品には変わりがないのだ。




いやいいんだけども




にんじんだし。




我が息子達が「あれ?焼けた?というか黄色くなった?」と思ったら





それは間違いなく人参のせいです




カロチン!




またね!






  1. 2018/06/27(水) 11:46:31|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月26日(火)認知度ちゃん

こんばんは七転八倒です。

Do you know perman?




次男坊に帽子をこさえてやったのですが




無地だと寂しいのでパーマンバッチを添え
「なんでよ奥さん」
「デザインとかフォルムがね好みなんですよ」
「どうでもいいよ奥さん」




いきつけの癒やし系サロン支援センターぽっかぽかへ行ったところ





30代半ばママ「あ~パーマンバッチ!」
30代後半ママ「パーマン懐かしい~」
20代半ばママ「パーマンて何?」
30代半ばママ「・・・・・・・」
30代後半ママ「・・・・・・・」
20代半ばママ「・・・・・・・」
30代半ばママ「・・・・・え?」
30代後半ママ「・・・・・え?」
20代半ばママ「・・・・・え?」






パーマンて何?


パーマンて何?


パーマンて何?



・・・て何?





おい嘘だろ





おいマジか





この世の中にパーマンを知らない奴がいるってか!!!!!




まさかの20代ママはパーマンを知らなかったという




ほう





これが噂の




藤子不二雄内ジェネレーションギャップってか!!!!
そんな言葉はありませんよ奥さん





私「え?え?じゃあれは?ハットリくん!」
20代半ばママ「忍者のやつ?」




それは知っとるんかい!




パーマンの画像を見せたところ




20代半ばママ「あ~これがパーマンか!この絵はなんか見たことある」




おい





おい皆んな





なんか見たことある程度の認知度




それがパーマンの現状だ!!!!!!
パーマン「やめろぉおおお!」





そうかぁ





もう長らくテレビでやってないからなぁ





パーマンもドラえもんとかサザエさんみたいに世代を超えた盤石なキャラクターだと思っていたのに




ほう




これが噂の





藤子不二雄内格差ってか!!!
そんな言葉はありませんよ奥さん





きっとこういうことがどんどん出てくるんだろうなぁ




ちなみにパーマンバッチを見た長男坊の友達はこう言いました




「あ、ともくんぼうしに鳥さんついてる~」





またね!
  1. 2018/06/26(火) 11:30:51|
  2. 35歳で出産&子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ